3ヶ月で17kg減!パンダマンの正しいダイエット徒然日記

テレビや雑誌では教えてくれない、本当に成功するダイエットを分かりやすくお伝えするブログ(07'/11/25から続けています)

プロフィール

名前:パンダマン
住まい:東京都
好きな食べ物:ソース焼きそば

basic01_20071124194721.jpg

※お見苦しい画像で、本当に申し訳ありません。一応、当ブログの一番下に、詳しい画像がありますので、ちょっと気になったら見てください。

カテゴリー

ねこ

最近のブログ記事一覧

サポート

にほんブログ村 ダイエットブログへ
人気ブログランキングも見る

今までのお客様数

今のお客様人数

共同ブログLINK

⇒ゆかっちさんのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
こんばんわ☆
 私が3ヶ月17kgダイエットに成功したときの食事・運動メニューについて、よく問い合わせがありますので、その具体的内容を書いておきます。基本的には炭水化物、食物繊維、タンパク質をバランスよく、普通に食べてました。基本的にはこれを3ヶ月続けた時点で、体重が17kg落ちていました。


■食事
朝:ごはん、納豆、卵
昼:ラーメン(汁は残す)orチャーハンorカレーライスorスパゲッティ
夜:ごはん、味噌汁、野菜炒め(肉いり)、ポテトフライ
間食:週1回、夕方にチョコレート(1/4個)
※食事はいずれも1人前か、その8~6割程度の量。ただし、炭水化物や卵・肉類などを、どこかで完全に抜いてしまうことは絶対にしない。噛むときは、食べ物がペースト状になるまで噛んでから飲み込んでいました。

■運動
筋トレ(15kgダンベルによる)
 ・アームカール(左右)10回×3セット
 ・プルオーバー10回×3セット
 ・ワンハンドダンベルローイング(左右)10回×3セット
有酸素運動(自宅のエアロバイクによる)
 ・1日1時間以上を、週5~6で実施
※運動する前に、インスタントのコーヒーをブラックで飲んでいました。また、運動中も水分補給はこまめに行いました(水分が不足すると、血液がドロドロになり、脂肪燃焼効果が阻害されます)。順番は、筋トレをやって、30分程度休んでから、エアロバイクをこぎます(その方が、成長ホルモンを有効に使える)。

■その他
毎日、体重と体脂肪率を記録。また携帯カメラにより、自分の上半身ハダカの姿を毎日撮影・保存。ダイエットに飽きてきたときや、ココロが折れそうなとき、これらの記録・データを見つめなおし、モチベーションのキープにつなげました。ダイエットが好調なときは、「もっと頑張ろう」と前向きになれますし、ダイエットが不調なときも、「このままじゃヤバイ」と真剣になれました。


 ただしこのメニューを3ヶ月やった直後の時点では、脂肪だけでなく筋肉も削れて落ちてしまい、ガリガリの体型になっていました。そこで、今度は脂肪燃焼ではなく筋トレをメインにして、バランスの良いボディメイクを3ヶ月間続けました。何か不明な点などありましたら、是非コメントください☆

brapi.jpg
※さすがに顔まではブラット・ピットのようにはなれませんが、
今日の1クリックが明日のブログ更新につながります。お願いします☆

⇒ここをクリック①
⇒もしくはここをクリック②
2007/11/26 21:06|3ヶ月、17kgダイエットの軌跡TB:0CM:6
成長ホルモン」という言葉を聞いたことがありますか?このホルモンは通常、人間の体内で分泌されるものなのですが、脂肪をより多く燃焼させ、お肌も若い頃の状態に戻してくれるという、夢のような効果があります。ちなみにアメリカでは美容のための成長ホルモンの注射が、1回10万円もするそうですよ。

また以前、女優の藤原紀香さんがとんねるずの「食わず嫌い王」で、「加圧トレーニングをやりだしてから、お肌がプリンプリンになりました」と話していましたが、この加圧トレーニングも、実は成長ホルモンの分泌を促すことを意図したエクササイズなのです。ちなみに名前に「成長」とついていますが、大人の方でも高齢者の方でもこのホルモンは分泌されますので、ご安心ください。

それより、この成長ホルモンの分泌をうまく利用すれば、ダイエットに非常に効果的です。美肌効果はあるし、運動時だけでなく安静時における脂肪燃焼も促進してくれます。成長ホルモンを多く分泌させるには、適切な重量の筋トレを行うことが最も効果的です。そのために一般的なのは、トレーニングジムでの筋トレや、加圧トレーニングです。でもこれらはお金がかかるので、お金をかけないで行いたい場合は、スロートレーニングが効果的になります。これらの筋トレの詳細については、今この記事内で説明しようとすると非常に長くなるので、明日に説明したいと思います。

でも、今すぐ気になる方は、右上に紹介してある「スロトレ」という本をチェックしてみてください。これはスロートレーニングについて書かれた本なのですが、大学教授の専門的な知識をベースにしながらも女性向けに編集された内容で、ヤセていくときの体の仕組みが詳しく説明されています。ユーザーの評価も非常に高いので、そこも是非チェックしてみてください☆

fujiwara.jpg

※藤原紀香さんの美しさの秘密は、成長ホルモンにもありました。1クリックが更なるブログ更新につながります。よろしくお願いします。
⇒ここをクリック①
⇒もしくはここをクリック②
2007/11/26 19:47|ダイエットの常識TB:0CM:0
このブログを立ち上げるまで、某Q&Aサイトで色々とダイエットに関するアドバイスをしてきたのですが、そこでは間違ったダイエット法をやって失敗した人や、ダイエット方法について悩んでいる方が多くいらっしゃいました。でも、その人たちは質問する立場なので、その方々の間違ったダイエット方法を指摘しやすかったのですが、ブログ同士でのやりとりだと、中々相手の間違った方法を指摘するのは、ちょっと気が引けてしまいます。

よくあるのは、『尻ヤセダイエットのブログ』など、人間の体ではできない部分やせが出来るという誤解をされたままブログを立ち上げてしまった方に、「それは間違いです」と指摘しなければならない場合です。ある意味、その方のブログのコンセプトを完全否定してしまう恐れもあるので、間違いを指摘するのには勇気が要ります。

でも当ブログのコンセプトは、正しいダイエットのやり方を推奨して、間違ったダイエット法を信じて苦しんでいる方々のお役に立つコンテンツを無料でお伝えすることなので、ココロを鬼にして、間違いを指摘していきたいと思います。

ちなみに、
「リンゴダイエット」、「バナナダイエット」、「絶食/1日2食の粗食ダイエット(タモリさんやサンプラザ中野さんが推奨)」、「ブルブルマシーン」、「ジョーバ(ロデオボーイ)」、「炭水化物ぬきダイエット」、「置き換えダイエット」、「ストレッチ・ダイエット」、「間食は絶対ダメ」・・・・・

ハッキリ言って、これらの有名なダイエット法は、すべて間違ったダイエットです。世の中には、ダイエットにまつわる様々な迷信やウワサがはびこっています。

今後、これらのダイエット法がなぜ間違っているか、それぞれ説明していきたいと思います。もし今これをやっている人がいらっしゃったら、ダイエット法の見直しをおススメします。

※これから気合を入れて、間違ったダイエット法の指摘を続けて行きたいと思います。ブログランキングへの1クリックが勇気につながります。よろしくお願いします。
⇒ここをクリック①
⇒もしくはここをクリック②
2007/11/25 18:56|間違ったダイエットTB:0CM:8
おはようございます☆

昨日からこのブログを始めましたが、何人かの方々が読んで頂いて、ホントに嬉しく思います。何だか、朝から元気が出てきました!

この「ダイエットの常識」というカテでは、人間生理学的な観点から、ちゃんと成功してリバウンドしないダイエットの知識をお伝えしていきたいと思います。自分は、石井直方さんという東大の理学博士の方の本などを通じて、「人間の体はなぜ太るのか」「人間の体はなぜやせるのか」ということを、自分自身でちょっと勉強しています。この分野に関しては、大学の先生の話だからといって、それを敬遠する必要はないと思います。科学は日々進歩しているとよく言われますが、スポーツの分野にもそれは活かされているので、陸上競技や水泳などで毎年新記録が出るのです。要は、大学の先生が学生使って実験やって出た結果を、スポーツやダイエットに活かそうという考え方です。むずかしい言葉は出来るだけ使わないようにしていこうと思うので、よろしくお願いします。

私が成功して、生理学的にも裏づけが取れているダイエット法は、まず筋トレをやって、45分休んで、成長ホルモンを分泌させて、脂肪が燃焼しやすい状態にしてから、有酸素運動(エアロバイクやジョギング、ウォーキング)を1時間程度行います。有酸素運動の前には、ホットのブラックコーヒーを飲みます。そして食事は、3食キチンと食べるのですが、炭水化物(ごはん)、タンパク質(卵、肉)、繊維質(野菜)のいずれも抜くことはせず、満腹になる量の8割~6割程度までに減らして、よく噛んで食べます。

簡単にまとめると、こういうことです。でもこれだけでは読者の方々が理解するのに不十分な説明なので、これから毎日分かりやすく噛み砕いて説明していきたいと思います。このやり方でちゃんとダイエットをやったら、かなり高い確率で成功すると思います。

※これから頑張って、このブログを続けて行きたいと思いますので、ブログランキングに1クリックお願いします。
⇒ここをクリック
2007/11/25 09:40|ダイエットの常識TB:0CM:4
以前、某Q&A掲示板でダイエット相談をよく受けていたのですが、その中で特に多い相談が「お腹」「ヒップ」「二の腕」などの各パーツの脂肪を狙って減らしたいという、いわゆる「部分やせ」でした。

多くの方が誤解されているのですが、残念ながら人間の体はどこか特定のパーツを狙って脂肪を落とすことは出来ないようになっています。人間の体は消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態が続いて初めて脂肪が落ちるのですが(ダイエットの原理原則!)、それによって体全体の脂肪が落ち、それにつれて各パーツの体脂肪が落ちるのです。

でもどの部分から脂肪が落ちるかについては個人差があって、特に気になる部分のお肉は、本人が気になるだけあって、特に落ちにくい傾向にあります。この部分の脂肪を減らすには、減量メニューを続けるしかありません。

ただし、各パーツの見た目をスッキリさせたいなら、ある程度までは部分的なエクササイズで実現します。結論から言うと、衰えた筋肉を筋トレで鍛えて復活させ、たるんだお肉を吊り上げるということを行います。要は筋トレすれば、見た目は少しスッキリする可能性があります。詳しい話は、また次回以降、追ってお話します。

※これから頑張って、このブログを続けて行きたいと思いますので、ブログランキングに1クリックお願いします。
⇒ここをクリック
2007/11/25 01:04|FAQよくある質問TB:0CM:0
ドラマ「SP」を観た。今クール放送のドラマの中でも注目している番組の1つで、米ドラマ「24」を髣髴とさせて中々面白いです。今までの日本のドラマに無かったタイプのアクションもので新鮮なのだけど、個人的には今クールで「ガリレオ」が一番好きです。
spokada.jpg
2007/11/25 00:48|その他TB:0CM:0
ブログを始めたばかりで、まだ読者の方も少ないので、よろしければ先着1名様にオリジナルのダイエット・メニューを組ませて頂きます(もちろん無料で)。ダイエットの方法はその人の生活スタイルにあったものでないと、長く続けることは難しいので、オリジナルにカスタマイズした食事・運動メニューをお作りします。

オリジナル・ダイエット・メニューの作成に興味がある方は、コメント欄にメッセージください。その際には、身長、体重、体脂肪率、普段の食生活、これまでの運動経験、なりたいボディ(有名人の誰か)を、それぞれ出来るだけ具体的に教えて頂ければ、より効果的なアドバイスが可能になります。

メッセージコメント、お待ちしています☆

※これから頑張って、このブログを続けて行きたいと思いますので、ブログランキングに1クリックお願いします。
⇒ここをクリック


2007/11/24 22:35|本当に効く減量メニュー、作りますTB:0CM:13
多くの女性は、「体重が減らない」「○○kgまでやせないといけない」など、ダイエットの基準となる指標を体重だと思い込んでいます。でもいくら体重が軽くなっても、某国のモデルやハリセンボンの箕輪さんのようなガリガリで不健康そうな体になってしまっては、ダイエット本来の目的からズレてしまいますよね。
 つまるところダイエットの目的とは、健康的なカラダの状態を維持してより良い生活を過ごしたり、異性や周囲の人たちにステキに見られるようになることではないでしょうか。つまり、本当のダイエットとは、脂肪の減少だけでなく、バストアップやヒップアップ、二の腕の引き締まりなど、カラダ全体で総合的に美しくなることだと思います。
 しかし多くの女性は目先の体重の数値に惑わされて、その本来の目的を忘れているように思えます。そして「絶食ダイエット」や「炭水化物ゼロ・ダイエット」、「間食禁止ダイエット」など、続けていくといつかリバウンドするか倒れるかしてしまうような、本末転倒のダイエット法に走ってしまう方も、少なくありません。

私が実践して成功したダイエット(3ヶ月で20kg減)は、炭水化物も食べるし肉も食べる、たまには間食もできるダイエットです。これからこのブログで、少しづつそのコツを伝えて行きたいと思います。よろしければ、お付き合いください☆

これから頑張って、このブログを続けて行きたいと思いますので、ブログランキングに1クリックお願いします。
⇒ここをクリック
2007/11/24 20:24|間違ったダイエットTB:0CM:0
こんにちわ☆

パンダマンと申します。今日から、理想のボディメイクのためのダイエット・ブログを始めたいと思います。巷では様々なダイエット方法が横行していますが、その中で本当に成功する方法はごくわずかです。このブログでは、そのような誤ったダイエット方法ではなく、ちゃんと健康的に理想的なボディを作るための、真っ当なダイエットの方法を追及し、皆様のダイエットのお手伝いをさせて頂こうと思っています。
2007/11/24 16:52|その他TB:0CM:2

本当に参考になるダイエット本

成功するダイエットは、体型がキープもしくはシェイプアップし続けられるダイエット。正しいダイエットの知識があってこそ、それは可能です。巷のウワサや迷信に振り回されるのではなく、人の体の仕組みについて理解していけば、アタマとカラダの両方で、正しいダイエットを身に付けられます。ウソだと思ったら、この2冊のユーザーレビューの満足度をチェックしてみてください。すごいですよ!

エアロバイクとダンベルのみ

自分がダイエットに使用した器具は、実は自宅のエアロバイクと15kgダンベルだけです。女性なら1.5kgのものが丁度よい重さでしょう。
エアロバイクは、自宅で、いつでも、安全に、静かに、お金もかけず、効果的なトレーニングができるので、おススメです。下に敷くマットもあれば、床が傷つきません。月会費4,000円のジムに行かなくても、効率的なダイエットが可能になりますよ。

サポート・グッズ

Copyright(C) 2006 3ヶ月で17kg減!パンダマンの正しいダイエット徒然日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。